dief

趣味で漫画やイラストを描いています。

記事一覧(65)

Memo - 17

雪文です。世界の心臓23話「光の在処」を追加しました。最近ずっと重ための話が続いていたので、比較的穏やかな話ではないかと思います。 コミティアの準備をしてから取り掛かるので、次回の更新は6月頃になる予定です。のんびりと進めていきます。前回メリオルが実際に喋ったのが1年以上前であることにびっくりしています。描き続けていると時の流れがゆっくりに思えて、時折カレンダーを見ては驚きます。23話辺りのプロットは今後の事も考えつつ、それこそ1年ほどずっと構成に悩んでいたところなので余計にずっとメリオルが動いていたような気がしています。同じ顔は何度も描いていたのもあり。今回の設定ラフは、メリオルと過去シーンでのノクス・ウィルガです。メリオルは、ネタバレ防止にずっと先延ばしになっていたのでようやくですね。トーンでは差別化のために割と濃い髪色になっているメリオルですが、設定上はそこまで濃い色ではありません。それから、毎度まとめてのお礼で恐縮ですが、拍手や拍手コメントなどありがとうございます。更新したあとに読んでくださる方がいるって分かると嬉しくて、たくさんの元気を頂いております。まったりペースですが、気長にお付き合い下さると嬉しいです。

Memo - 12

雪文です。世界の心臓 第21話「微睡む地上」を追加しました。ちょっと時系列が前後していますが、第1話で起こったことについて少し触れています。今回はアルカ・神狩周りとは少し離れた視点での話が多いのですが、イドラまわりの話をようやく描けて安心しました。神関連を描いていると「私が神狩になりそう…」と必ず思います(細かくて)。西の巫女とシーカのデザインは昨年の5月頃に決まっていたものなので、描いたのはとても久しぶり。先代アルカの姿(出たのは後ろ姿ですが)なんて第1話を描く前には決まっていたのでびっくりするほど時間が経ってしまいました。今回のラフはレウェルティ、ユクスター、マルゴーの3人です。マルゴーは西部管理官として王都から派遣されている形で赴任しているため王城勤め人ベースの服装をしています。また、前回の更新から拍手やメッセージ等ありがとうございました。とても元気を頂いています。本を手に取って下さった方も本当にありがとうございます。いつも続きを描きたくてワクワクしてたまらない気持ちでいるので、来年もマイペースな更新ではありますがお付き合い頂ければ幸いです。次回の漫画の更新は2月頃になるかなと思います。それではよいお年を!